monthly_title.gif

2006年 5月号



「今月の一枚」5月号でご紹介するのは、油彩画の小品『明石城址』です。

※今月までのバックナンバーは、ページの最下段をご覧下さい。



▲A 鈴木清一作『明石城址』
(1960年代後半?)
油彩・色紙、27.3x24.3cm、個人蔵(横浜市)


この作品は色紙に油絵具で描かれています。太い筆で一気に描き上げたものらしく、荒々しいまでに大胆なタッチと厚塗りのマチエールが、ごく小さい画面の中に力強いエネルギーを与えています。手前の樹木は樟なのでしょう。淡い橙色を帯びた若葉が黄緑色の新緑へと変わりつつあるようで、季節は5月はじめのように思われます。木立の向こうに二層だけ姿を見せている城櫓の白い壁が、晴れ渡った青空とまぶしいような若葉の緑に映えています。


ここに描かれている明石城と明石公園は、すでに『若葉の明石公園』(2005年5月号)でもご紹介したように、木曜会の郊外スケッチで清一がよく出かけた場所でした。明石へは神戸の都心から電車で15分足らずで行くことができます。明石駅のプラットホームに立つと、南側には大小の船舶が頻繁に行き交う明石海峡を隔てて、淡路島が間近かに見え、駅の北側には緑に包まれた明石城の石垣と二つの櫓が見えます。


明石城は1619年に築城されました。本丸には天守台が築かれましたが、天守閣は建設されず、本丸4隅にあった櫓のうち南側の二つの櫓が現存し、いずれも国の重要文化財に指定されています。巽櫓(たつみやぐら)と坤櫓(ひつじさるやぐら)で、清一が描いたのは南東隅の巽櫓です。現在、明石公園内の藤見池の付近から巽櫓を見上げると、周囲の樹木が大きくなってはいますが、清一が描いた当時の光景をほぼ正確に再現することができます(B)。


▲B 明石公園内の藤見池の付近から巽櫓を望む(2006年4月撮影)

油彩画『明石城址』(A)と同じ構図の水彩スケッチが見つかっています(C)。
木曜会の郊外スケッチで、日曜画家たちに交じって清一が気軽に描いたものでしょう。彼はこのスケッチを基に、アトリエで油絵具を使ってこの色紙を描いたものと思われます。

彼は油彩画にも水彩スケッチにも日付を入れていないので、正確な制作年は分かりませんが、1960年代後半の作品であろうと思われます。彼が友人に宛てた1967年5月2日付の葉書(D)が、一つの手がかりを与えてくれます。


▲C 鈴木清一作『明石城のスケッチ』
水彩・紙、25.0x31.0cm、筆者蔵


▲D 鈴木清一作『青葉の明石城』
水彩・葉書、14.8x10.0cm
個人蔵(長岡京市)

「青葉の候となりました。青葉の波に浮んだ明石城の天守閣[ママ]は美しい風景です」という添え書きのあるこの葉書絵が、水彩スケッチ(C)を基に描かれたと考えるのは自然でしょう。そうすると、水彩スケッチは1967年5月に描かれたか、あるいはそれ以前に描かれていたことになります。
ただし、油彩画(A)の方は葉書よりも先だったのか、後だったのかを明らかにすることはできませんが ...


戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバー


バックナンバー


2006年 2005年

4月:『青い花瓶の水仙』
3月:『戦前の旧居留地風景』
2月:『室津の梅』
1月:『雪の月見山』

12月:『神戸山手風景』
11月:『秋の渓流』
10月:『天王山農場本館』
9月:『芙蓉』
8月:『ぶどうと桃』
7月:『街頭スケッチ』
6月:『六甲風景』
5月:『若葉の明石公園』
4 月:『神戸山手風景』
3 月:『神戸メリケン波止場』
2月:『水戸県庁前堤の並木』

1 月:『青いリボンの少女』
2004年 2003年
12月:『山本五十六元帥の生家』 
11 月:『月見山晩秋』
10月:『ぶどうと西洋梨』

9月:『中之島公園』
8月:『山百合』
7月:『丹頂鶴』
 
6月:『月見山の家の 庭』
5月:『舞子の風景』

4月:『鬼塚貫一氏 像』
3月:『倉敷の家』

2 月:『早春』
1 月:『自画像』
12月:『少女』 
11 月:『秋深まる』 
10 月:『染付け皿と秋果』
9月:『窓からの風 景』 

8 月:『石廊岬』
7 月:『婦人像』
6 月:『水戸弘道館』 
5月:『布引の新緑』
4月:『山ざくら』
3月:『水仙』

2月:『早春の六甲』
1月:『小菊』
2002年  2001年
12月:『根室原野の鶴』
11 月: 『筑波山』 
10 月: 『篠原本町の庭』   
9 月: 『八千代像』  
8月:『九歳の八千代』  
7 月:『会下山風景』
6月:『舞子の松』
5月:『赤い本』

4 月:『菊池辰重氏像』
3 月:『代々木風景』
2 月:『春のうた』
1月:『雲と牛』
12月:『天王山農場』
11月:『初秋』

10 月:『月見山風景』
9 月:『孔雀』

 


  戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバーのトップへ