monthly_title.gif

2006年 10月号



2006年10月号の「今月の一枚」でご紹介するのは『小菊』(1940年)です。

※今月までのバックナンバーは、ページの最下段をご覧下さい。



写真1. 鈴木清一作『小菊』(1940年)
油彩・板, 47.0x57.0cm, 個人蔵(明石市)


今年の6月に 『孤高の画家・鈴木清一の作品と生涯』を出版したことがきっかけになって、清一の作品が1枚見つかりました。

6月末のある日「明石市に住むご婦人から美術館に電話があり、『1940年 鈴木清一』と書かれた菊の絵を持っているとのこと。調べれば作品のゆかりが分るかも知れません」という連絡を兵庫県立美術館のY学芸員からもらったのです。

 さっそくわたしはそのご婦人に電話をして、作品を見せていただくことになりました。1940年(昭和15年)というのは、清一の最後の個展となった「鈴木清一油絵展」が神戸画廊で開かれた年です。ひょっとすると、この展覧会に出品した作品のひとつなのかも知れないと、わたしは胸を弾ませながらご婦人のお宅へと急ぎました。

 作品は居間のいちばん目に付きやすい場所に掛けられていました。鮮やかな色彩の小菊の絵です(写真1)。保存状態はきわめて良く、とても70年近くも昔に描かれたものとは思えないほどでした。額を壁から外して裏を見ると「文展無鑑査 鈴木清一 小菊 1940」と書いた神戸画廊の小さな札が貼ってありました(写真2)。わたしの想像があまりにも見事に的中したので、ビックリしてしまいました。

神戸画廊の名札

▲写真2. 額の裏に貼られた神戸画廊の名札


写真3.
神戸新聞(2006年6月12日)

 小菊は清一が好んで取り上げたモチーフで、本サイトでも最晩年の『小菊』(2003年1月号)をご紹介していますが、戦前の作品を見る機会は今までほとんどありませんでした。ご婦人のお話によると、この絵は1955年ごろにお知り合いの方からもらったもので、花がお好きな彼女はこの絵をとても気に入っていて、鈴木清一とはいったいどんな画家なんだろうとずっと思い続けていたところへ、新刊書の新聞広告(写真3)が目に留まり、急いで県立美術館に問い合わせたのだそうです。

 清一は1939年と1940年の2回、「鈴木清一油絵展」(『山百合』(2004年8月号) を参照)を開いていますが、このご婦人のお知り合いの方は、1940年12月に開かれた展覧会でこの作品を買い求めたのでしょう。

  それにしても、考えれば考えるほどわたしは幸運に恵まれていたと思います。もしもこのご婦人が鈴木清一という画家について興味を持っていなかったら、もしも彼女が新聞広告に気付いていなかったら、もしも彼女が美術館に電話を掛けていなかったら、もしも電話に出た美術館の学芸員がわたしのことを知らなかったら、わたしがこの絵を見る機会はおそらく永遠になかったでしょう。

 わたしは父の作品を大切にしてこられた彼女への感謝を込めて拙著を一部謹呈し、作品の写真をカメラに収めてから爽快な気分で家路につきました。

鈴木清一の作品や作品に登場する風景などにお心当たりがおありの方は、メールにて詳細をお知らせください。
ご連絡を下さった方には清一の絵画作品絵はがき(6枚セット)を差し上げます(絵はがきの送付先、お受取人様のお名前も併せてご記入ください)。

info@suzuki-seiichi.com


戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバー


バックナンバー


2006年 2005年

9月:『小屋』
8月:『静岡風景』
7月:『海岸の風景』
6月出版のご案内
    『孤高の画家・鈴木清一の作品と生涯』
5月:『明石城址』
4月:『青い花瓶の水仙』
3月:『戦前の旧居留地風景』
2月:『室津の梅』
1月:『雪の月見山』

12月:『神戸山手風景』
11月:『秋の渓流』
10月:『天王山農場本館』
9月:『芙蓉』
8月:『ぶどうと桃』
7月:『街頭スケッチ』
6月:『六甲風景』
5月:『若葉の明石公園』
4月:『神戸山手風景』
3月:『神戸メリケン波止場』
2月:『水戸県庁前堤の並木』

1月:『青いリボンの少女』
2004年 2003年
12月:『山本五十六元帥の生家』 
11月:『月見山晩秋』
10月:『ぶどうと西洋梨』

9月:『中之島公園』
8月:『山百合』
7月:『丹頂鶴』
 
6月:『月見山の家の 庭』
5月:『舞子の風景』

4月:『鬼塚貫一氏 像』
3月:『倉敷の家』

2月:『早春』
1月:『自画像』
12月:『少女』 
11月:『秋深まる』 
10月:『染付け皿と秋果』
9月:『窓からの風 景』 

8月:『石廊岬』
7月:『婦人像』
6月:『水戸弘道館』 
5月:『布引の新緑』
4月:『山ざくら』
3月:『水仙』

2月:『早春の六甲』
1月:『小菊』
2002年  2001年
12月:『根室原野の鶴』
11月: 『筑波山』 
10月: 『篠原本町の庭』   
9月: 『八千代像』  
8月:『九歳の八千代』  
7月:『会下山風景』
6月:『舞子の松』
5月:『赤い本』

4月:『菊池辰重氏像』
3月:『代々木風景』
2月:『春のうた』
1月:『雲と牛』
12月:『天王山農場』
11月:『初秋』

10月:『月見山風景』
9月:『孔雀』

 


  戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバーのトップへ