monthly_title.gif

2007年 6月号


 

鈴木清一作『新楼の家』(1927年)
油彩・板、23.3x32.5cm、個人蔵(水戸市)




 この油彩画の小品は、清一が水戸中学時代の親友に贈ったものです。作品を所蔵しておられるご遺族から伺ったお話によると、清一が台湾で描いたものだということです。なるほど、画面の左下には「Seiiti-S. 1927」と書き込まれています。清一が台湾に滞在していたのは、1927年(昭和2年)の年初(?)から翌年の5月までですから、ここに描かれているのが台湾の風景であることには間違いありません。
 絵の裏には清一の筆跡で「新楼の家」と記されています。彼はヨーロッパ渡航の準備をするために、当時台南に住んでいた知人を頼って台湾へ渡ったことが分かっているので、新楼というのは台南の付近の地名ではないかと考えました。そこで、台南市の地図を調べてみると、台南火車站(台南駅)のすぐ近くに「新楼街」という東西に走る道路が見つかりました。また、台南神学院の北側には「新楼医院」という病院もありました。どうやら、清一はこの付近の風景を描いたようです。
「新楼の家」というのは、木立の向こう側に見える赤い屋根と白い壁を持つ建物のことなのでしょう。相当大きな建物に見えますが、清一が「家」と呼んでいるからには誰かの住居なのでしょう。ことによると、清一が居候していた知人の住居だったのかもしれません。
 今からちょうど80年前の日本統治時代の風景ですから、現在はもうこの建物は残っていないかも知れませんし、付近の景色もすっかり様変わりしているのでしょうが、現地を調べに行ってみたい気がします。何かご存知の方がいらっしゃれば、どうかこちらのメールアドレスまでご連絡下さるようお願い申し上げます。


※今月までのバックナンバーは、ページの最下段をご覧下さい。


戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバー


バックナンバー


2007年

 

5月:『冬の海』
4月:『初秋の丘』
3月:『蘭』
2月: 『横臥する裸婦』
1月:『耕三生後八か月』

 
2006年 2005年

12月:『水戸桜山の秋』
11月:『秋果』
10月:『小菊』
9月:『小屋』
8月:『静岡風景』
7月:『海岸の風景』
6月出版のご案内
    『孤高の画家・鈴木清一の作品と生涯』
5月:『明石城址』
4月:『青い花瓶の水仙』
3月:『戦前の旧居留地風景』
2月:『室津の梅』
1月:『雪の月見山』

12月:『神戸山手風景』
11月:『秋の渓流』
10月:『天王山農場本館』
9月:『芙蓉』
8月:『ぶどうと桃』
7月:『街頭スケッチ』
6月:『六甲風景』
5月:『若葉の明石公園』
4月:『神戸山手風景』
3月:『神戸メリケン波止場』
2月:『水戸県庁前堤の並木』

1月:『青いリボンの少女』
2004年 2003年
12月:『山本五十六元帥の生家』 
11月:『月見山晩秋』
10月:『ぶどうと西洋梨』

9月:『中之島公園』
8月:『山百合』
7月:『丹頂鶴』
 
6月:『月見山の家の 庭』
5月:『舞子の風景』

4月:『鬼塚貫一氏 像』
3月:『倉敷の家』

2月:『早春』
1月:『自画像』
12月:『少女』 
11月:『秋深まる』 
10月:『染付け皿と秋果』
9月:『窓からの風 景』 
8月:『石廊岬』
7月:『婦人像』
6月:『水戸弘道館』 
5月:『布引の新緑』
4月:『山ざくら』
3月:『水仙』

2月:『早春の六甲』
1月:『小菊』
2002年  2001年
12月:『根室原野の鶴』
11月: 『筑波山』 
10月: 『篠原本町の庭』   
9月: 『八千代像』  
8月:『九歳の八千代』  
7月:『会下山風景』
6月:『舞子の松』
5月:『赤い本』

4月:『菊池辰重氏像』
3月:『代々木風景』
2月:『春のうた』
1月:『雲と牛』
12月:『天王山農場』
11月:『初秋』

10月:『月見山風景』
9月:『孔雀』

 


  戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバーのトップへ