monthly_title.gif

2007年 8月号


 


鈴木清一作『冬の赤松』(1968年)
油彩・色紙、27.0x24.0cm、個人蔵(宝塚市)




 『冬の赤松』という画題が付いたこの作品には、枯れ草の林の中から天に向かって勢いよく伸びた10数本の赤松が描かれています。赤茶色の松の幹と緑色の葉の塊が作る色彩のコントラストが見事です。松の葉を塊として捉えた大胆な筆遣いが、この小品に力強さを与えています。「松を近くから描くことは避けた方がいい」と清一が言っていたのを思い出します。

『舞子の松』(2002年6月号)
でご紹介しているように、清一は若いころから松林をモチーフにした風景画を繰り返し描いており、現在までに所在が明らかになっているものだけでも、大は30号から小は色紙に至るまで、その数は50点を軽く超えています。松林はいわば清一のトレードマークのようなものでした。この作品と同じ構図の色紙画が数点見つかっている他に、パステル画のスケッチも見つかっています。おそらく、彼はこのパステル画を基にこれらの色紙を描いたのでしょう。

 この作品が描かれた10年後の1978年の夏、83歳になった清一に神戸市文化賞が贈られました。清一の教え子たちが神戸市に熱心に働きかけたものでした。受賞の理由には「神戸画壇の長老として後進の指導に尽力。長年の研鑽による深みのある独自の画風に定評があり、なかでも松林を主とする風景描写は、他の追随を許さないものと高く評価されている」(『神戸新聞』1978年8月30日)とあります。

※今月までのバックナンバーは、ページの最下段をご覧下さい。


戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバー


バックナンバー


2007年

 

7月:『静物』
6月:『新楼の家』
5月:『冬の海』
4月:『初秋の丘』
3月:『蘭』
2月:『横臥する裸婦』
1月:『耕三生後八か月』

 
2006年 2005年

12月:『水戸桜山の秋』
11月:『秋果』
10月:『小菊』
9月:『小屋』
8月:『静岡風景』
7月:『海岸の風景』
6月出版のご案内
    『孤高の画家・鈴木清一の作品と生涯』
5月:『明石城址』
4月:『青い花瓶の水仙』
3月:『戦前の旧居留地風景』
2月:『室津の梅』
1月:『雪の月見山』

12月:『神戸山手風景』
11月:『秋の渓流』
10月:『天王山農場本館』
9月:『芙蓉』
8月:『ぶどうと桃』
7月:『街頭スケッチ』
6月:『六甲風景』
5月:『若葉の明石公園』
4月:『神戸山手風景』
3月:『神戸メリケン波止場』
2月:『水戸県庁前堤の並木』

1月:『青いリボンの少女』
2004年 2003年
12月:『山本五十六元帥の生家』 
11月:『月見山晩秋』
10月:『ぶどうと西洋梨』

9月:『中之島公園』
8月:『山百合』
7月:『丹頂鶴』
 
6月:『月見山の家の 庭』
5月:『舞子の風景』

4月:『鬼塚貫一氏 像』
3月:『倉敷の家』

2月:『早春』
1月:『自画像』
12月:『少女』 
11月:『秋深まる』 
10月:『染付け皿と秋果』
9月:『窓からの風 景』 
8月:『石廊岬』
7月:『婦人像』
6月:『水戸弘道館』 
5月:『布引の新緑』
4月:『山ざくら』
3月:『水仙』

2月:『早春の六甲』
1月:『小菊』
2002年  2001年
12月:『根室原野の鶴』
11月: 『筑波山』 
10月: 『篠原本町の庭』   
9月: 『八千代像』  
8月:『九歳の八千代』  
7月:『会下山風景』
6月:『舞子の松』
5月:『赤い本』

4月:『菊池辰重氏像』
3月:『代々木風景』
2月:『春のうた』
1月:『雲と牛』
12月:『天王山農場』
11月:『初秋』

10月:『月見山風景』
9月:『孔雀』

 


  戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバーのトップへ