monthly_title.gif

2008年 6月号


 今月ご紹介するのは色紙に油絵具で描いた「本栖湖」という小品です(写真1)。先月ご紹介した武庫川堤と同じく、この作品も明石市のH氏から返還された作品の中の1枚です。H氏のご尊父がこの色紙を入手なさった時期から推察して、1964年ごろに描かれたものと思われます。

武庫川堤

写真1. 鈴木清一作「本栖湖」(1964年ごろ?)
油彩・色紙、27.2x24.2cm、筆者蔵




  本栖湖は山中湖、河口湖、西湖、精進湖と並ぶ富士五湖の一つで、これらの中では最も深く、透明度が高いことで知られています。本栖湖の観光写真につきものの富士山がこの絵に描かれていないのは、絵葉書のような俗っぽい絵にはしたくないと彼が考えたからなのでしょう。大胆にデフォルメされた山と、近景の松の木が太い筆で力強く描かれています。季節は晩秋か早春のようです。青空に浮かんだ奇妙な形の雲が、画面に面白い変化を与えています。

 清一は伊豆・箱根地方のスケッチを10枚ほど遺しており、修善寺、熱海、石廊崎、河口湖などの風景に混じって、この油彩画の基になった本栖湖のスケッチもあります(写真2)。

鈴木清一作「本栖湖」

 ▲写真2. 鈴木清一作「本栖湖」(1964年ごろ?)
油彩・色紙、27.2x24.2cm、筆者蔵

 晩年の清一は独りで旅に出ることはありませんでしたが、彼が絵画教師をしていた啓明女学院(現啓明学院)の教職員慰安旅行や修学旅行には、スケッチブックを携えて同行していたようでした。おそらくこれらのスケッチも、啓明女学院の旅行に同行した際に描いたものなのでしょう。団体で移動中のごく短時間に鉛筆で写生し、宿に着いてから水彩絵具で彩色したのだと思います。

 

※今月までのバックナンバーは、ページの最下段をご覧下さい。


戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバー


バックナンバー


2008年

2007年

5月:「武庫川堤」
4月:『舞子風景』
3月:『風景(1)』
2月:『浴女』
1月:『早春』

12月:『晩秋の御堂筋』
11月:『柿とざくろ』
10月:『静物』
9月:『森』
8月:『冬の赤松』
7月:『静物』
6月:『新楼の家』
5月:『冬の海』
4月:『初秋の丘』
3月:『蘭』
2月:『横臥する裸婦』
1月:『耕三生後八か月』
2006年 2005年

12月:『水戸桜山の秋』
11月:『秋果』
10月:『小菊』
9月:『小屋』
8月:『静岡風景』
7月:『海岸の風景』
6月出版のご案内
    『孤高の画家・鈴木清一の作品と生涯』
5月:『明石城址』
4月:『青い花瓶の水仙』
3月:『戦前の旧居留地風景』
2月:『室津の梅』
1月:『雪の月見山』

12月:『神戸山手風景』
11月:『秋の渓流』
10月:『天王山農場本館』
9月:『芙蓉』
8月:『ぶどうと桃』
7月:『街頭スケッチ』
6月:『六甲風景』
5月:『若葉の明石公園』
4月:『神戸山手風景』
3月:『神戸メリケン波止場』
2月:『水戸県庁前堤の並木』

1月:『青いリボンの少女』
2004年 2003年
12月:『山本五十六元帥の生家』 
11月:『月見山晩秋』
10月:『ぶどうと西洋梨』

9月:『中之島公園』
8月:『山百合』
7月:『丹頂鶴』
 
6月:『月見山の家の 庭』
5月:『舞子の風景』

4月:『鬼塚貫一氏 像』
3月:『倉敷の家』

2月:『早春』
1月:『自画像』
12月:『少女』 
11月:『秋深まる』 
10月:『染付け皿と秋果』
9月:『窓からの風 景』 
8月:『石廊岬』
7月:『婦人像』
6月:『水戸弘道館』 
5月:『布引の新緑』
4月:『山ざくら』
3月:『水仙』

2月:『早春の六甲』
1月:『小菊』
2002年  2001年
12月:『根室原野の鶴』
11月: 『筑波山』 
10月: 『篠原本町の庭』   
9月: 『八千代像』  
8月:『九歳の八千代』  
7月:『会下山風景』
6月:『舞子の松』
5月:『赤い本』

4月:『菊池辰重氏像』
3月:『代々木風景』
2月:『春のうた』
1月:『雲と牛』
12月:『天王山農場』
11月:『初秋』

10月:『月見山風景』
9月:『孔雀』

 


  戻る  トップページへ  このページのトップへ  バックナンバーのトップへ