monthly_title.gif

2009 年12月号 
第9巻 第12号 (通巻第100号)

黒い犬 (1932年)



鈴木清一作「黒い犬」 
▲図1. 鈴木清一作「黒い犬」 (1932年)
油彩・板、20.5x27.0cm、個人蔵 (立川市)


2001年10月に「郷土の洋画家・鈴木清一回顧展」を神戸で開催したのを機に、父・清一の作品を毎月1点ずつご紹介することで始めた「今月の一 枚」のページは、このたび通巻第100号の節目を迎えました。これまでの8年間、毎月続けてくることができたのは、多くのみなさまからからいただいた温か いご声援のお陰で、厚くお礼申し上げます。今後ともいっそうのご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

 さて、通巻第 100号の「今月の一枚」は、黒犬を描いた1932年の小品です。わたしは犬についてほとんど知識がありませんが、動物図鑑などを調べてみると、黒い毛、 長い顔、ぴんと立った耳、目の上とマズルと胸のマーキングなどの特徴から推察して、犬種はドーベルマンのようです。

 ピン ク色の長い舌を出し、鋭い犬歯を見せた精悍な顔が画面いっぱいに力強い筆致で描かれています。じっと見つめていると、荒い息遣いまで聞こえてくるようで す。黒犬の描写が真に迫っているのに対して、背景は木板の地肌が見えるほど簡単に処理されています。こういう省略の技法がこの作品にいっそうの躍動感を与 えているのでしょう。

 この犬の絵は故・跡部操氏のご令孫が所蔵されているもので、先日、東京でお目にかかった際に原画を 見せていただきました。氏はご尊父から貰ったとのことですが、もともとは洋画コレクターの跡部操氏のコレクションに入っていたものだろうとのお話でした。 跡部操氏については「今月の一枚」のページでもたびたびご紹介しているように、神戸で精肉店を経営して財を成した人で、和田三造の作品を中心とした『跡部 操コレクション』は全国的にもよく知られていましたが、1945年の神戸大空襲で惜しくも全焼しました(2002年7月号『会下山風景』をご覧下さい)。幸いにもこの黒犬の絵が生き残ったのは、跡部氏がコレクションの中の何点かの小品を、空襲が激しくなる以前に親族に贈呈していたからで、大きな作品は疎開することもないまま灰燼に帰したのでした。


※ 今月までのバックナンバーは、ページの最下段をご覧下さ い。


戻る  トッ プページへ   このページのトップへ  バッ クナンバー


バックナンバー


2009年
11月:『白百合』
10月:『晩秋』
9 月:『秋立つ』
8月:『長崎眼鏡橋』
7月:『舞子の松林』
6月:『筍』
5 月:『雉(きじ)』
4 月:『橋本邦助氏像』
3 月:『海が見える風景』
2月:『画室の裸女』
1月:『緑の中の牛』
 

2008年

2007年

12 月:『赤松の丘』
11月:『紅椿』
10月:『りんどう』
9月:『七歳の秋』
8月:『画室の裸女』
7月:『洞爺湖』
6月:『本栖湖』
5月:『武庫川堤』
4月:『舞子風景』
3月:『風景(1)』
2月:『浴女』
1月:『早春』

12月:『晩秋の御堂筋』
11月:『柿とざくろ』
10月:『静物』
9月:『森』
8月:『冬の赤松』
7月:『静物』
6月:『新楼の家』
5月:『冬の海』
4月:『初秋の丘』
3月:『蘭』
2月:『横臥する裸婦』
1月:『耕三生後八か月』
2006年 2005年

12 月:『水戸桜山の秋』
11月:『秋果』
10月:『小菊』
9月:『小屋』
8月:『静岡風景』
7月:『海岸の風景』
6月出版のご案内
    『孤高の画家・鈴木清一の作品と生涯』
5月:『明石城址』
4月:『青い花瓶の水仙』
3月:『戦前の旧居留地風景』
2月:『室津の梅』
1月:『雪の月見山』

12月:『神戸山手風景』
11月:『秋の渓流』
10月:『天王山農場本館』
9月:『芙蓉』
8月:『ぶどうと桃』
7月:『街頭スケッチ』
6月:『六甲風景』
5月:『若葉の明石公園』
4月:『神戸山手風景』
3月:『神戸メリケン波止場』
2月:『水戸県庁前堤の並木』

1月:『青いリボンの少女』
2004年 2003年
12月:『山本五十六元帥の生家』 
11月:『月見山晩秋』
10月:『ぶどうと西洋梨』

9月:『中之島公園』
8月:『山百合』
7月:『丹頂鶴』
 
6月:『月見山の家の庭』
5月:『舞子の風景』

4月:『鬼塚貫一氏像』
3月:『倉敷の家』

2月:『早春』
1月:『自画像』
12月:『少女』 
11月:『秋深まる』 
10月:『染付け皿と秋果』
9月:『窓からの風景』 
8月:『石廊岬』
7月:『婦人像』
6月:『水戸弘道館』 
5月:『布引の新緑』
4月:『山ざくら』
3月:『水仙』

2月:『早春の六甲』
1月:『小菊』
2002 年  2001 年
12月:『根室原野の鶴』
11月: 『筑波山』 
10月: 『篠原本町の庭』   
9月: 『八千代像』  
8月:『九歳の八千代』  
7月:『会下山風景』
6月:『舞子の松』
5月:『赤い本』

4月:『菊池辰重氏像』
3月:『代々木風景』
2月:『春のうた』
1月:『雲と牛』
12月:『天王山農場』
11月:『初秋』

10月:『月見山風景』
9月:『孔雀』

 

  戻る  トッ プページへ   このページのトップへ  バッ クナンバーのトップへ